jdxi_color_eye

【INFO】あなたなら、どのカラー?JD-Xiに限定色が登場!!

JD-Xiにレッド・モデルとホワイト・モデルが数量限定で登場します!

Which color
do you like ?

JD-Xiに限定色が登場!!

キーボーディストはもちろん、ボーカリストやギタリスト、そしてDTMを楽しむ方にも大人気のJD-Xi。そのJD-Xiのリミテッド・エディションとなるレッド・モデルとホワイト・モデルが数量限定で登場します。このタイミングでの赤と白ですが、特に年末年始の街並みを意識したわけではありません(笑)。

JD-Xi-RD

まずは、JD-Xiのイメージ・カラーとも言える「赤」を全面に押し出したJD-Xi-RD。JD-XAや通常モデルのJD-Xiのサイド・パネルと同様の特殊な塗料を贅沢に使用。これにより、メタリックでシャープなイメージがより一層増しています。よりエッジの効いたカラーリングになったことで、特に背面の印象がガラッと変わったのもこのレッド・モデルの特長でしょう。実はこの塗料、JD-Xシリーズの開発スタッフこだわりのカラーだったりします。他にもいろいろな赤の候補があったのですが、このタイプが圧倒的に人気でした。

image1

  • thumb3
  • thumb2
  • thumb1
  • thumb4

JD-Xi-WH

そして、JD-Xi本来のイメージとは大きく違う「白」を基調としたJD-Xi-WH。こちらもJD-Xiと同様、特殊な塗料を使用することで高級感ある仕上がりになっています。ややパールがかったホワイトは女性スタッフにも好評です。よ~く見るとキーボードの白鍵とも若干異なっているのがお分かり頂けるかと思います。そして、トップとサイドのパネル部分は、白に合わせてメタリックなシルバーに変更されています。GAIA SH-01やJUNO-Diのホワイト・モデルと同様のカラーリングですが、このパネル部分により大きく印象が変わっています。

image1

  • thumb7
  • thumb8
  • thumb6
  • thumb5

JD-Xi

もちろん、JD-Xiのレギュラー・モデルも美しい外観。ブラックを基調に差し色としての赤が映えます。ボディ部分はマット仕上げ、パネル部分は光沢仕上げと、同じブラックでも質感の異なる素材を組み合わせるデザインは、ファッションの世界でも実に多く見られる形。少し前までのiPhoneもそうでしたね。JD-Xiは特にサイド・パネルが特長とも言えるモデルなので、ステージで使用してくれている際にも「あっ、JD-XIだ!」と気づくことも多いのです。繰り返しになりますが、ここには本当にこだわっています。

image1

  • thumb9
  • thumb10
  • thumb11
  • thumb12

レッド・モデルもホワイト・モデルも、仕様そのものはレギュラー・モデルのJD-Xiと全く同じとなっています。あ!忘れてました。このLIMITED EDITIONはパッケージも限定仕様。ここ最近、Rolandシンセは箱にもこだわっています。

そして、この2モデルの発売を記念し、サウンド・ライブラリ・サイトAxialで「レッド」「ホワイト」をテーマにした追加音色/パターンがリリースされます。どのカラーでもインストールすることができますので、ぜひ追加してみてください。

「誰でも気軽に楽しめるシンセサイザー」をコンセプトにしたJD-Xi。リミテッド・エディションの登場により”選ぶ楽しさ”も追加され、俄然盛り上がってくる予感。これを機に、ぜひご検討ください!

VIEW PRODUCT

この記事をシェアする
Recommend 関連記事