【SUPPORT】Q&A活用ストーリー Vol.001 ~とある KEY子の音楽ライフ~

初心者から使えるエントリー・キーボードの GO:KEYS。一歩踏み込んだ使い方や立ち止まってしまいそうなポイントを妄想女子 KEY 子さんの楽しい音楽ライフに乗せて、ストーリー仕立てでお届けします。

Roland BLOG -SUPORT CATEGORY-

はじめまして!!ローランドお客様相談センターの WEB担当 がお送りするローランド・ブログ「サポートカテゴリー」では、様々なお問い合わせから得た「お客様相談センターならではの提案」や安心してローランド製品をお使いいただくための「新着サポート情報まとめ」「ここだけのちょっとした小ネタ」などを WEB コンテンツとして公開していきます。

ローランドお客様相談センターでは、お客様のお悩みポイントや実際のお問い合わせをもとに製品の使いこなしに役立つ Q&A を作成/公開しています。

qa
ローランド Q&A

「Q&A 活用ストーリー」は、その Q&A を活用する場面をストーリー仕立てでお伝えするコンテンツです。お客様のお役にたてるよう心を込めてお届けします。
今回のストーリーは、初心者でも様々な演奏を楽しめるエントリー・キーボードとして、さらには一歩踏み込んだ使い方でよりお楽しみいただける新しいキーボードの GO:KEYS を妄想女子 KEY 子さんがスムーズに使えるよう Q&A の活用ポイントとあわせてお送りします。


〜とある KEY子の音楽ライフ〜

あまり変化のない日常…
外を歩いていると、どこからか柔らかい歌声と音楽が流れてきた。思わず足を止め、歌声と音楽に引き寄せられるように目的地とは逆方向へ足が動き出す。
気が付くと路上ライブの歌声と音楽に癒されつつ、自然に指が何かを演奏しているかのように動いてしまっていた。
そう、子供の頃に習っていたピアノだ。
無性にピアノを演奏したくなり、その足で楽器店へ向かっていた。
アコースティックピアノを置くほど部屋は広くなく、実際そこまでお金をかけてやり続ける自信もない。部屋で手軽にピアノ練習ができ、曲作り(DTM)ができたら…そんな、ありそうでなかった夢のような製品…
夢のような製品…
夢のような…
そんな時、目に入ってきた。

そこに右から聞こえてくる店員さんの声。
「本体の重量が 3900g と少し大きめの赤ちゃんくらいの重さなのでライブ会場や路上ライブへ手軽に持ち運べる製品なんですよ。アコースティック・ピアノと同じ幅のピアノ鍵盤を採用しているのでピアノ練習用としても使われていたり。さらに、Bluetooth 機能を搭載しているから、スマートフォンやタブレット、Mac で曲を再生しながら演奏したり、DTM の入力用キーボードとしても使用できるんですよ。」

Bluetooth ?!
具体的にどんなことができるんだろ…
そんな時は、スマートフォンでローランドの WEB サイトにアクセス!お役立ちツールの Q&A を見るのが一番!!調べてみたら、スマートフォンやタブレットから出る音声を GO:KEYS のスピーカーから鳴らしたり、スマートフォンやタブレットにインストールされている MIDI 対応アプリと連携して演奏情報を録音したり、ソフト音源を鳴らしたりできることが分かった!!

完全にノックアウト。
本格的なピアノ音色がある GO:PIANO… と思ったけど、赤い色に惹かれて GO:KEYS を手に取り、レジを通って自宅へお持ち帰り。早速、机の上に置いて演奏してみると、昔の懐かしい感覚と共に思い出が蘇ってきた。コンパクトな割に本格的なピアノ鍵盤だな。ピアノの練習用としても十分に使える!!あ~、この感覚気持ちがいい。

♪♪♪~
突然、頭の中にメロディーが流れてきた。
曲作りにも挑戦してみようかな。。。Mac に DAW 入ってるけど、Mac と GO:KEYS って Bluetooth 接続できるのかな?よし、 Q&A で検索。
わぁぁ!!できる~

早速 Bluetooth 接続したら、DAW の MIDI 入力デバイスで「GO:KEYS」が表示された。分かりやすいし、簡単だなっ♪DAW 上のソフトウェアシンセサイザーを使って、ドラムやギター、ベースパートを GO:KEYS から打ち込む。
リズムに乗ってきた!!うん、なかなかいい感じの曲ができた♪作った曲を再生しながら GO:KEYS も演奏~まるでバンド組んでるみたい☆

…楽しくなってきた♪
作った曲、野外ライブで披露してみようかなぁ。確か、スマートフォンやタブレットと Bluetooth 接続することで、GO:KEYS のスピーカーから曲を再生したり、演奏したりできるって Q&A に書いてあった。
作った曲を iPad で再生…あっ、GO:KEYS のスピーカーから鳴ってる♪曲にあわせて GO:KEYS 演奏!!よし、iPad と GO:KEYS(スタンド)持って、野外ライブ開催だぁ!!

GO:MIXER があればマイク → GO:MIXER → iPad を繋いで弾き語りもできるんだね。iPad で再生した曲も、マイクから入力した音声も、全部 GO:KEYS のスピーカーから鳴らす場合は、GO:KEYS の Bluetooth をオフにして、GO:MIXER の MONITOR OUT → GO:KEYS の AUX IN をステレオ・ミニ・ケーブルで接続すればいいんだ☆
分かりやすくて便利!!こんなことまでできちゃうんだな~

すごいね、GO:KEYS 。
「制作」「練習」「ライブ」って一石三鳥だね!!
野外ライブ、思いっきり楽しも♪
そんな妄想して、一人部屋の中でバーチャル野外ライブを開催しました☆

※ GO:KEYS に譜面台は付属していません。必要な場合は別途 Roland Online Store などでご購入ください。


いかがでしたか?
ストーリーはフィクションではりますが、このお悩みは実際にいただいたお客様からのお問い合わせから生まれたものです。GO:KEYS を「制作」「練習」「ライブ」で活用するための方法を Q&A で紹介しておりますので、実際にこんな悩みがあった時はまずは Q&A を見てみてくださいね☆

今回の活用ストーリー中に困った事を解決してくれる Q&A を以下に紹介します。

「Bluetooth 機能を使ってどのようなことができますか」
「Mac で Bluetooth MIDI 機能を使用できますか」
「Bluetooth オーディオ機能を利用する手順を教えてください」

Q&A をご覧いただいても解決しなかった場合や、ご不明な点がありましたらお客様相談センターまでお気軽にご相談ください。

また、お客様相談センターが配信しているメールマガジン「サポート・ニュース」では、お客様とのコミュニケーションやサポート・ニュースならではの情報などを、公開情報の更新時にあわせて配信しておりますので、ぜひユーザー登録(Backstage)の「メールニュース配信」にて「サポート・ニュース」の購読をご登録ください☆

この記事をシェアする
Recommend 関連記事