【ARTIST】注目アーティストがAUDIOFLYイヤホンを試してみた。#08 さかした ひかる [ドミコ]

シーンの前線で活躍するプロミュージシャンに、オーストラリア発のイヤホン/ヘッドホンブランド“AUDIOFLY”のインプレッションを聞くスペシャルインタビュー。第8回目は、ガレージ/ローファイ/サイケをベースに、2台のアンプとルーパーを駆使した変幻自在のパフォーマンスで、海外からも熱視線を浴びている2ピースバンドのドミコから“さかした ひかる”が登場。

注目アーティストがAUDIOFLYイヤホンを試してみた。
#08 さかした ひかる
[ドミコ]

シーンの前線で活躍するプロミュージシャンに、オーストラリア発のイヤホン/ヘッドホンブランド“AUDIOFLY”のインプレッションを聞くスペシャルインタビュー。第8回目は、ガレージ/ローファイ/サイケをベースに、2台のアンプとルーパーを駆使した変幻自在のパフォーマンスで、海外からも熱視線を浴びている2ピースバンドのドミコから“さかした ひかる”が登場。

モニターだけじゃなくてミックスでも使ってみたい

ーー 外ではどのような音楽を聴きますか?

さかした – 外でも中でも同じなんですけど、シンガーソングライター系が多いですね。宅録系のアーティストも聴きます。最近よく聴いているのは、ロータス・プラザとイエロー・デイズ。あとはRina SawayamaというR&Bシンガーです。

ーー 普段はどのようなイヤホンを使っていますか?

さかした – 1年くらい前にイヤホンをなくしてからずっと持ってなくて。自宅ではヤマハのモニタースピーカーで音楽を聴いて、外では周りに人がいなければスマートフォンのスピーカーで聴いてます(笑)。散歩するときは環境音を聴いていたいタイプなんです。バンドでの移動中も、クルマだったらスピーカーで聴くし、あまりイヤホンで音楽は聴かないですね。ヘッドフォンはミックスするときにたまに使うくらいかな。

ーー イヤホンをあまり使わない理由は?

さかした – 外でも音楽を聴きたいという気持ちはあるんですけど、特にインナータイプのイヤホンって集中しちゃうから事故っちゃうじゃないですか(笑)。ただ今は、ヘッドフォンとかスピーカーよりもイヤホンで音楽を聴く人が多いから、こういったイヤホンでモニタリングはしたいなと思っていたので、必要だなとは思っていました。モニターだけじゃなくてミックスのときにも使ってみたいですね。
 僕、自分が作った曲の仮ミックスをいろんな状況で聴き比べるんです。クルマで聴いたりスピーカーで聴いたり、疲れているときとか朝起きたとき、いろんな角度から聴いて“このミックスはこうだな”ってバーッとメモるんですけど、そういうときに使ってみたいですね。以前、電車に乗っているときのチェックではイヤホンを使っていたので、あればめちゃくちゃ重宝します。

音を上げても音域に余裕があってピークが見えない

ーー では、さっそく試聴してみましょう。まずはAF1120ですね。

さかした – 最初にAF1120を聴いて、それをベースにAF160を聴き比べてみます。(試聴を終えて)全然違いますね。AF160はAF1120にトーンが味付けされているような感じがします。オールディーズとかそっち系の音楽を聴くのに合いそう。AF1120のクリアな音に対して、温もりがあります。ミッドの鳴り方にも特徴がありますね。AF1120は全部の音域がキレイに聴こえる気がする。

ーー ミッドが特徴的なのは、AUDIOFLYブランドの傾向としてあります。

さかした – AF140はAF160よりもミッドがクリアで、AF120と比べても分離感があると思う。AF180はハイが優しいですね。空間的なイメージが伝わるというか音の情報量が多い。

ーー AF140が好印象という感じですか?

さかした – 一番ベーシックな感じがしましたね。AF1120はすごく素の音なのかなって。

ーー 個人的に気に入ったのは?

さかした – 曲によるなぁ。ミックスとかモニタリングで使いたいのはAF1120、リスニングではオールジャンルでAF140が良さそうな気がします。AF160はボーカル向けというかミッドが強いですね。ミッドが強いのもそうなんですけど、鳴り方に特徴があるなと。

ーー AF140はスピーカーのコーンを小さくしたようなドライバーを搭載しているので、ローがしっかり出ます。AF140とAF1120がお気に入りな感じですね。

さかした – そうですね、一発目に聴いたAF1120が良すぎたので比べやすかったですね。

ーー イヤモニタータイプのイヤホンで聴くのは久しぶりだと思いますが、いかがでしたか?

さかした – 耳に入れ込むタイプのインナー系のイヤホンって、ボリュームを大きくしすぎると耳に痛いし、小さい音まで聴こえてしまうからどこかの音域に限界が生じるんですよ。それがAUDIOFLYにはなかったから、すげぇなと。あとは、ボリュームを小さくしても音像が揃って聴こえる。それはイヤモニタータイプだからという理由もあると思うんですけど、めっちゃ良かったです。
 高いイヤホンはあまり聴き比べたことがないんですけど、全体的にすっきりしていて、ボリュームが小さくてもキレイに揃って聴こえるし、大きい音まで上げても音域に余裕があるというか、ある意味ピークが見えない。全体的にボリュームを上げても無理なく聴こえるし、かなりいいですね。5モデルとも、好みとか使い道によって合うものが見つかると思います。

Featured Products

AF-1120

BA (バランスド・アーマチュア) ドライバーを左右各6 基(合計12 基)搭載、独自のクロスオーバーフィルタリングで接続することで、Audiofly のインイヤーモニターの特長である、長時間の使用においても疲労を感じさせないというポイントを継承しています。

AF-1120

AF-180

AF180はバランスドアーマチュアドライバーを4基搭載。シリーズ最高峰の解像度を誇り、幅広いレンジの音像をクリアかつ忠実に再現。Mixやライブにおける頼れるモニターとして、ミュージシャンを強力にサポートします。

AF-180

AF-160

AF160はバランスドアーマチュアドライバーを3基搭載。幅広いレンジの音像をクリアかつ忠実に再現。Mixやライブにおける頼れるモニターとして、ミュージシャンを強力にサポートします。

AF-160

AF-140

AF140はバランスドアーマチュアドライバー2基と9mmダイナミックドライバー1基を搭載したハイブリッドイヤモニター。低音ではパワーをしっかり出しつつ、バランスのとれたクリアな音像を実現したイヤモニターです。

AF-140

AF-120

AF120はバランスドアーマチュアドライバー1基と9mmダイナミックドライバー1基を搭載したハイブリッドイヤモニター。2種類の異なるドライバーをクロスオーバーさせることで、優れた解像度を実現、手頃な価格でモニターとして使える製品に仕上げました。

AF-120

PROFILE

ドミコ/11年結成。メンバーは、さかしたひかる(Vo,Gt)と長谷川啓太(Dr)。16年3月、会場限定でリリースされたシングル「ooo mai gaaa!!!」のタイトル曲「おーまいがー」が、アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』第4話のEDに抜擢。同年11月、初のフルアルバム『soo coo? 』をリリース。スペースシャワーTVが年間を通して新人アーティストをプッシュする「NEW FORCE 2017」の10組に選出。17年10月、2ndアルバム『hey hey, my my?』をリリース。11月より開催された初のワンマンツアーは全会場ソールドアウト。18年3月、ジェットの来日公演にゲストとして出演。さらに、アメリカ・テキサス州オースティンにて開催されるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)、全米6箇所を回るツアーを開催する。

RELEASE

NEWEST ALBUM
hey hey, my my?
¥2,500(税込)
RED Project Room, a division of Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
2017年10月18日リリース

        

LIVE SCHEDULE

SXSW 2018

3月15日(木) Japan Preview Show The North Door
3月16日(金) Japan Nite SXSW Elysium

Japan Nite US tour 2018

3月18日(日) ブルックリン Knitting Factory
3月19日(月) シカゴ Township
3月20日(火) ラスベガス Beauty Bar
3月21日(水) ロサンゼルス The Hi Hat
3月23日(金) サンディエゴ The Merrow
3月25日(日) サンフランシスコ Bottom of The Hill
3月26日(月) サンフランシスコ Amoeba Records Instore Live

この記事をシェアする
Recommend 関連記事