【ARTIST】注目アーティストがAUDIOFLYイヤホンを試してみた。#11 瀬川あやか

シーンの前線で活躍するプロミュージシャンに、オーストラリア発のイヤホン/ヘッドホンブランド“AUDIOFLY”のインプレッションを聞くスペシャルインタビュー。第11回目は、現役看護師シンガーソングライターとして16年に鮮烈なデビューを果たした瀬川あやかが登場!製品名と価格を伏せて試聴してもらう“利きイヤホン”形式で、各モデルのインプレッションを聞いた。

注目アーティストがAUDIOFLYイヤホンを試してみた。
#11 瀬川あやか

シーンの前線で活躍するプロミュージシャンに、オーストラリア発のイヤホン/ヘッドホンブランド“AUDIOFLY”のインプレッションを聞くスペシャルインタビュー。第11回目は、現役看護師シンガーソングライターとして16年に鮮烈なデビューを果たした瀬川あやかが登場!製品名と価格を伏せて試聴してもらう“利きイヤホン”形式で、各モデルのインプレッションを聞いた。

AF180はひとつひとつの音がクリアで聴きやすい

ーー いつもどんなイヤホンを使っていますか?

瀬川 – スマートフォンを買ったときに付属しているイヤホンです。家にいるときは別のヘッドホンを使っているんですけど、持ち歩くとなると雑に扱っちゃうので(笑)、大切なヘッドホンは家に置いてて、外に持ち出すイヤホンはクルクル丸めてカバンにポン!みたいな(笑)。

ーー 今まで自分で買ったイヤホンはどれくらいありますか?

瀬川 – イヤホンタイプは3~4つくらいかな。本当に安価なものから自分でカスタマイズできるものまで。

ーー イヤホンを選ぶ基準は?

瀬川 – 最初は見た目でした。でもこのお仕事を始めてから、意識していなくても、出先でスマートフォンで聴くときと、家でパソコンとかヘッドホンで聴くときで音がまったく違うんだなってわかってきて。遅いかもしれないですけど、性能って大事なんだなと。そう思ったのはこの仕事を始めてからかな。

ーー 好きな音質はありますか?

瀬川 – 低音がしっかりしているものが好きです。昔はそんなに意識していなかったんですけど、トラックダウンで低音をいじったときに印象がまったく変わったり。そこで、自分の好きな音質は低音なんだと気付いて。

ーー 低音が効いた音楽が好きというわけではないんですね?

瀬川 – うん。EDMとか低音がドンドン!と強調された音楽が好きというわけではなくて。バンドサウンドでも、ベースが強めに出ている音楽はカッコいいなと思うし鳥肌が立ちます。自分が好きなポイントなんでしょうね。

ーー では早速、試聴してみましょう。今回はあえて品番を伏せて、“利きイヤホン”形式で試聴してもらいます!

瀬川 – あまり自信ないんですけど(笑)。(イヤモニの付け方が)慣れてないんですよ…。

瀬川[※AF120とAF1120を試聴中] 気密性が最高ですね。好みで言ったらこっち(AF120)のほうが好きです。こっち(AF1120は)高音域が丸く抜けていく感じがする。音が広がっていく感じ。こっち(AF120)のほうが自分好みの低音がします。今聴いている曲は、自分の曲で「クロスロード」。楽器数が少ないので楽器の音を聴きやすいのと、声も中音域が多いのでジャッジしやすいかなと。

瀬川[※AF180とAF140を試聴中] これ(AF180)はフラットな感じがしますね。声も聴きやすくて低音も聴こえるんだけど、こっち(AF120)ほどではないかな。これ(AF140)も低音の感じが好きかもしれない。今の順番だとこれ(AF120)に一番近いなと思ったのと、バランスもいい気がします。コーラスもすごくキレイに聴こえる印象。ただ、一周回ってわからなくなってきたっていうのも正直あります(笑)。

瀬川[※AF160を試聴中] すごく不思議。(AF160を)最初に聴いたときに、広く感じたんですよ。私、イヤホンで好きなのは、こもっている感じじゃなくて自然な音が好きなんですけど、このふたつ(AF120とAF160)は大きな部屋、スタジオで聴いているような感じがしました。

瀬川[※再び全モデルを試聴] あ! 印象が変わった! 好みはこれ(AF180)かな。私、さっき“フラットな印象”って言ったんですけど、これが一番聴きやすかった。この子(AF160)も音の広がりがあるけど、少しこもっている感じがしたんです。低音で言うとこれ(AF120)も聴こえるんですけど、これ(AF180)はひとつひとつの音がクリアな気がして、コーラスも立ってるし聴きやすいかなって。

ーー [※ここで全モデルの品番と特性を説明]
あまり自信がないと言っていた割には的確でしたね。

瀬川 – 良かったぁ。これで歌手を続けられます(笑)。こういう試聴は苦手な分野の気がしていたんだけど、AF180は聴きやすかったなって。

ーー ちなみにケーブルはCordura素材で、登山用ロープにも使われている耐久性の高いケーブルです。

瀬川 – “危ない!これに掴まれ!”ってできるケーブルですね(笑)。今回、オーディオフライのイヤホンを試してみて、遮音性の高さにまず驚きました。ボリュームを上げなくてもいいから耳に優しいと思います。移動が多いので、人混みの中やバス、新幹線、いろんなシチュエーションで聴いてみたいですね。

Featured Products

AF-1120

BA (バランスド・アーマチュア) ドライバーを左右各6 基(合計12 基)搭載、独自のクロスオーバーフィルタリングで接続することで、Audiofly のインイヤーモニターの特長である、長時間の使用においても疲労を感じさせないというポイントを継承しています。

AF-1120

AF-180

AF180はバランスドアーマチュアドライバーを4基搭載。シリーズ最高峰の解像度を誇り、幅広いレンジの音像をクリアかつ忠実に再現。Mixやライブにおける頼れるモニターとして、ミュージシャンを強力にサポートします。

AF-180

AF-160

AF160はバランスドアーマチュアドライバーを3基搭載。幅広いレンジの音像をクリアかつ忠実に再現。Mixやライブにおける頼れるモニターとして、ミュージシャンを強力にサポートします。

AF-160

AF-140

AF140はバランスドアーマチュアドライバー2基と9mmダイナミックドライバー1基を搭載したハイブリッドイヤモニター。低音ではパワーをしっかり出しつつ、バランスのとれたクリアな音像を実現したイヤモニターです。

AF-140

AF-120

AF120はバランスドアーマチュアドライバー1基と9mmダイナミックドライバー1基を搭載したハイブリッドイヤモニター。2種類の異なるドライバーをクロスオーバーさせることで、優れた解像度を実現、手頃な価格でモニターとして使える製品に仕上げました。

AF-120

PROFILE

瀬川あやか/92年生まれ北海道出身。11年、看護師を目指し上京。午前中は都内の病院で看護師として勤務し、午後はアーティストとして活動をする異色の“二刀流”女性シンガーソングライター。15年の国家試験合格後、看護師をしながらアコギとキーボードでの弾き語りライブを行う。16年、シングル「夢日和」でメジャーデビュー。

RELEASE

NEWEST ALBUM
センチメンタル
【初回限定盤(CD+DVD)】¥2,963+税
【通常盤(CDのみ)】¥2,500+税
ポニーキャニオン
2018年3月21日リリース

 

 

この記事をシェアする
Recommend 関連記事