mx1_mfx_eye

【INFO】Mix Performer MX-1 活用術 -MASTER FX編-

“演奏できるミキサー”の、演奏できる理由。その鍵となるエフェクターの特長をお届けします。

MX-1 MASTER FX
“演奏できるミキサー”の
演奏できる理由。

“演奏できるミキサー”として、セットリストの定位置を獲得しつつある[Mix Performer MX-1]。その鍵となるエフェクターの特長を、「BEAT FX編」「MASTER FX編」と2回に分けてお届けします。

Line up:MASTER FXについて / エフェクトtype / MX-1パフォーマンスMovie

MFXってなんだ?

[MFX=MASTER EFFETCT…?]

今回は本体右側にある[MFX]に注目。まずはMASTER FXを絡めたパフォーマンスMovieをご覧ください。

何となくイメージできたのではないでしょうか。これはMASTER FXの略で「アウトプット部の直前に掛かるエフェクター」となっています。
ミキサーにインプットした音すべてに掛かるエフェクト、ということですね。「えいやっ!」で雰囲気を変えるエフェクトが感覚的に使用できます。

mx1_mfx002

エフェクト・タイプ

[6 MFX Onborded and more…]

タイプは[DELAY]、[FILTER]、[SCATTER]、[FLANGER]、[BIT CRUSH]、[ROLL]の6種類。6種類とは書きましたが、それぞれのエフェクトには数多くのバリエーションが用意されています。例えば、[DELAY]の中にも様々なバリエーションがあり好みやシーンに応じて選ぶことができるのです。
mx1_mfx003

  • DELAY
    テープ・エコーなど、シンプルながら重要なディレイ
  • FILTER
    ローパス、ハイパス・・・切り替えで様々なタイプを選択可
  • SCATTER
    フレーズを切り刻んで再構築、AIRAシリーズの代名詞
  • FLANGER
    曲の”つなぎ”で使いたくなる、モジュレーション系エフェクト
  • BIT CRUSH
    強力なローファイ・サウンドを生成、の維持
  • ROLL
    ダンス・ミュージックで聞かれる”連打”ならこれ!
エフェクトのかけかた。

エフェクトをかけるには、本体中央に位置する大きなノブを使います。ノブのセンター・クリック(中央でカチっと止まる部分)を境に、左右で違った効果が得られるものが多いのです。例えば、[FILTER]ではこのセンター・クリックより右に回すとHPF、左に回すとLPF、といった具合。

mx1_mfx004
やみつきロール

そして、一度使うとやみつきになるのが[ROLL]。音を連打するような効果が得られるこのエフェクトは、ダンス・ミュージックでは超定番と言えます。
上手く連打されるタイミングが掴めてくると、本当に面白いです(笑)。

mx1_mfx005
ちなみに…

[SCATTER]も音を連打させるエフェクトの一つ。こちらはオートでリズミカルに連打してくれたり、連打と共に別のエフェクトが掛かったりと[ROLL]とはまた違った楽しさがあります。偶発性がおもしろいところですが、感覚をつかめばある程度狙ってコントロールすることも可能です。

mx1_mfx006

最後に。

[Daisuke Asakura Plays AIRA & JD-X]

MX-1のエフェクターによる効果は、先日公開した浅倉大介さんのパフォーマンス・ビデオでもご覧頂けます。MASTER FXのROLLを入れるタイミングや、もう一つのエフェクトBEAT FXの使いどころ、エフェクトをかけている入力ソース(どのシンセの音か)にも注目です。


MX-1に搭載された、もう一つのエフェクト「BEAT FX」の解説も合わせてご覧ください。
Mix Performer MX-1
mx1_bfx001MX-1は、リズム・マシン、シンセ、DAWなど、ライブ・パフォーマンスに必要な入力ソースをスマートに接続できる高音質設計のデジタル・ミキサーです。ミキサーとしての機能に加えて、コントロール・サーフェスやオーディオ・インターフェースとしても活躍。 さらに本体のマスター・テンポや接続機器とシンクするビート・エフェクトも装備。 制作現場やライブ・セットの中枢として、アクティブにプレイできるミキサーです。

Mix Performer MX-1
この記事をシェアする
Recommend 関連記事